FC2ブログ
ハル(晴仁)
http://kobosuna.blog109.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
仕事中何してるんだと(笑)
2007-07-06 Fri 17:34


あまりにも仕事が暇すぎるので、自分について考えてみたり。

今朝、妙な夢を見て目が覚めた。
昔の彼女が早く起きないと遅刻するよ、と俺を起こす夢だ。
なんだか妙にリアルで、1年程同棲していた頃を思い出した。

(自己満足な内容なんでご注意あれ)




避暑地といわれる土地のカフェで2年ほど働いていた頃。
内1年ほどその彼女と住んでいた。
避暑地といっても住む人間にしてみたらただの山の田舎だし、買い物一つにしたって不便極まりない土地だった。
でも、俺はそこが大好きで、ついでに俺が最も尊敬して頼りにしているOさんがいる場所で。
Oさんとは俺が中学の頃からの付き合い。年は俺より11歳上だ。
Oさんはその土地で一経営者として頑張っていて、俺は当時夢破れ(?)逃避で海外行ったりしつつ帰ってきてすぐにその土地のカフェに転がり込んだ。
今思えばむちゃくちゃだなおい、と思うような事を高校卒業から22歳頃までしていたわけだけども…。

一番長く付き合ったのがその彼女だ。
3つ上で、でももっと大人で、俺は多分彼女が好きだった。
多分…と思うのは俺は凄くガキだったし(今もガキだけど)突き動かされるような何かなんていうのはない、ただいつも傍にいて狭い田舎っていうあの世界で仕事があって彼女がいてっていうのが当たり前の生活だったから。

自分でも俺は我侭で気ままで自分勝手で、ガキでそのくせ淡白で頑固だし。激しく人見知りでなのに口は悪いし態度もでかく…。でかく出る割に小心者でビビり屋で。
と、出来れば友人にも恋人にもなりたくないタイプ代表的なのは自覚してる。
まぁしみじみ自覚したのは彼女が仕事を辞めて実家に帰る、と言った日からなんだけど。

恋愛経験なんか元々多い方じゃない。むしろ焦がれるような恋なんて本当に知らなかった。
彼女が出来て可愛いと思ったし好きだとも思うけど、性的じゃない欲求なんて知らなかった。
(…酷い奴だな俺、書いててちょっとへこんだ(汗))
まぁ、日頃の俺に対する鬱憤がたまりにたまった彼女は、ある日突然それを爆発させて「晴仁は我侭で気ままで~」うんぬんと暴走したんだけど。

正直何も言えなかった。
何か言いなさいよ!とブチキれる彼女相手に、言う言葉なんか見付からない。
常日頃、甘い言葉の一つでも囁けばよかったのか、とか、プレゼントの一つでもすりゃよかったのかとか、何よりも彼女を一番最優先にすりゃよかったのかとか。
どうして男って黙るの。黙れば過ぎると思ってんでしょ。
と言われて、好きとか恋とか通り越して、めんどくせーな、と思って口に出した。
ばちーんと平手一発。
傷つけたな、とは思ったけど、作ったようなドラマ風味な展開にうんざりした。

俺は俺なりに彼女に恋をしてたんだろうし、好きだったんだろうと思う。
ただそれは彼女には理解出来ない事で物足りないものだったんだろうと思う。
今だから、そう思うんだけどね。

こんな文章だけども、彼女はとても優しくて俺を甘やかしてくれて、いい嫁さんタイプの凄く素敵な女性だった。
結局別れるきっかけになったのは彼女の暴走だけど、悪いのは俺だと思う。
ごたごたして大変だった終わり方だったから、世話してくれたOさんは「ハルは不器用だなぁ」っていうけど。ただ単に俺は恋愛に向いてないだけだと思うんだよね。

彼女を最後に見送った日、置手紙に「大好きでした」と書いてあった。
またどっかのドラマ風味な展開に軽くうんざりしかけたけど、こうしてここまで書いてみて思った。


俺も「大好き」でした。君の幸せを願ってます。


スポンサーサイト
別窓 | 過去 | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<柿の種ってどこの土産? | 零れゆく砂を掴むように | 喜色満面>>
この記事のコメント
#73
綾野さん>

コメントありがとうございます。
優しい人なので俺の事で胸を痛めていないかはちょっとだけ気がかりです。
でも綾野さんが言うとおり幸せな生活を送っていてくれればいいなと思います。


やみぃさん>

こちらこそ!
チャットではお世話になってます。
ブログちらっと覗かせて頂きました。
俺もやみぃさんを応援してます。
というか歳が近いとおっしゃってたけど色々尊敬…、凄いなぁ。頑張って下さい。

勝手にリンクを貼ってみました(笑)こんな所から報告すみません。
お互い頑張りましょう。


たいらさん>

チャットでも毎回思うんですが、隊長の「言葉」が大好きです。
確かに俺が苦手とするものは「恋愛」ではないのかもしれない、というのは薄々気付いていて、それに対して日々足掻いている部分があったりするんですが。
なんでバレた(笑)

美味い日本酒用意しとくんで、マジで語り合いましょう(笑)


まかろんさん>

色々反論したい事もあるんですが(笑)
悪いのはやっぱり俺なので何も言いません。

日々成長。頑張ります!

2007-07-09 Mon 23:40 | URL | ハル # [ 内容変更]
#60
私としてはついつい彼女の方に思い入れしてしまうので

>結局別れるきっかけになったのは彼女の暴走だけど
っていう言葉にはo(`ω´*)oプンスカプンスカ!
これを暴走と呼ぶべきなのか?・・・
当然の成り行きというべきか・・・

>悪いのは俺だと思う
・・には( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _そうそう
なんて思うのですが・・・

まだ、その頃のハルさんは子供だったのでしょう。
彼女に甘えていたんでしょうね。
何でも許されると・・・
だから、決して恋愛に向いてないわけではないと思います。
今のケイゴさんに対する思いは誠実なものだと思いますから・・・

日々成長し続けるハル@ひよこ
ガンバレ!!
週末の検討を祈る p(*^-^*)q がんばっ♪




2007-07-06 Fri 23:19 | URL | まかろん # [ 内容変更]
#59
ハルさんの長い独白を興味深く拝見しました。

恋愛とは、ひねくれた言い方をすれば、
自分と相手を主人公に据えたストーリーで全世界を再構成できるかどうか。
とすればこんな文章を書くハルさんは
きっと恋愛potential十分ってことですね(笑)

そうそう、
ハルさんが苦手なのは必ずしも「恋愛」じゃなくて
きっともっと別のことなんじゃないかと思うんですが、
公開コメントで言えるような穏当な話でもないので(?)
もしよろしかったら、また今度、
日本酒片手に語り合いましょう、コイバナを(笑)

2007-07-06 Fri 22:57 | URL | たいら # [ 内容変更]
#58
ハルさんこんばんは。
先日のチャットでは楽しくお話しできて嬉しかったです。
こちらでは始めまして♪
早速お邪魔してみました。

自分の性格的に恋愛が上手に出来ないっていうところ、
私も実際それでいつも長続きさせられない人間なので
なんだか身につまされました。
でもきっとこうやって過去を振り返って、色々自分について
考える時期って前へ向かって行ってる証拠なんだろうなとも
思ったりしています。
なんだかちょっと切なくてほろりときました。
彼女だけじゃなく、ハルさんもしっかり幸せになってくださいね!
パソコンの画面のこっちからも応援してますから♪
2007-07-06 Fri 21:32 | URL | やみぃ # [ 内容変更]
#57
最後の一行に、
ハルさんの人間的な成長を感じました。

人間は努力する限り、変わっていける生き物だと思います。

当時の彼女に恥じないよう
誠実に、ケイゴさんと向き合っていってくださいね。

素敵な彼女さんだったのでしょうね。
きっと今は幸せな生活を送っていて
思い出の中のハルさんを心配しているような気がします。
2007-07-06 Fri 17:53 | URL | 綾野 # [ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 零れゆく砂を掴むように |
2006-2018 template by [ALT-DESIGN@clip].
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。