FC2ブログ
ハル(晴仁)
http://kobosuna.blog109.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
海外逃亡の話-その2-
2007-08-01 Wed 23:05

ノルウェーは2日くらいしか滞在してなかった。
知人のアパートに転がり込んで睡眠だけ取らせて貰って、首都にある有名な公園ってのに連れて行かれ、路面電車に乗って感動したり、教会に入り込んで日本との文化の違いに唖然としたり。

ドイツと比べるととにかく治安は良かった。首都だったからか、観光客が多かったからかは知らんけども、人も親切に対応してくれるしお菓子貰ったりした(これには訳があったんだけども)

ノルウェーからまたスウェーデンに戻って、友人のサマーハウスで2ヶ月を過ごした。
その間に、じいちゃんばあちゃんが増えたり(?)、小鹿と毎朝戯れたり。

スウェーデンはとにかくいい国。俺にはしっくりきた。
夏時間、つーか白夜ってやつで、陽が沈むのは21時とか22時で、3時頃には明るくなっちゃうから夜がないない。太陽につねに見られてるってな気分。
田舎に居たからか英語がとにかく通じなくて、友人の通訳っぷりに頼るしかないのに一人でぷらぷらして笑顔で切り抜けたり(笑)
でも田舎(強調)だから隣の家が遠い。
滞在した家の裏手が森になってて、そこに天然のベリーが沢山あった。
ラズベリーとかなんとかベリーとか。
早起きしてそれを摘んで、毎朝畑を飛び跳ねる小鹿と戯れて(最後の頃は慣れて距離2メートル辺りまで近付いてくれた)、旅行というか自分の価値観を見直したり、ひなびてた心を潤すには本当にいい時間だった。

そういえば、面白い条例みたいなのがあって、畑以外で育ってる天然のベリーは人んちのを取っても罪にならないだかなんだか(うろ覚え)
後、ベリーがなってる傍に必ず、触ると痛い葉っぱってのがあって何度も被害をくって痛かった(阿呆)

ニルスの不思議な旅だっけ、あのお話に出てくる場所ってのに行ったら、ニルスじゃなくて孔雀がいてビビったとか。ニルスよりも俺らはアイスに夢中だったとか。
まだ日本になかったIKEA(本場!)に行って、迷った挙句、迷子扱いされたとか(…)
町を歩いてたらとても美人な女性に声をかけられて、どっかに行こうと誘われてるのでついてったら小学校だったとか(笑)
ちなみにこれは、せっかく日本からきたなら学校みてきなさいよ!っていう先生のありがたいお誘いだったっつーオチ。
小学校がとにかく凄い。
子供は身一つで学校に行けばいい。
えんぴつもノートも国支給。
給食もそう。
20歳までは歯医者タダ。全部税金。
ただ、税金が目が出るほど高い。でも日本はスウェーデンをモデルにしてるんだっけ。
老人に対しての国の補償も凄い。
金の心配を子供も老人はしなくていいんだよ。
これって本当に凄いと思った。
税金を支払う事が当たり前で、そりゃ文句はあるだろうけども受け入れても納得出来るだけの制度が確立されてる。
小学校は本当に感動したんだよ。
マックは若者じゃなくて老人の憩いの場になってたりとか(笑)

ああ、そうだ。お菓子貰ったりした理由。
ギターキャンプ的なものに参加したんだけどさ、そこで分かったよ。
俺、20歳なのに14,5とか12,3って思われてた。
どんだけー…。


ん。まだ続く(笑)
書き始めたら途中で止める方が面倒になってきた…。



スポンサーサイト

別窓 | 過去 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<海外逃亡の話-その3- | 零れゆく砂を掴むように | 海外逃亡の話-その1->>
この記事のコメント
#177
やみぃさん>

留学とかよりは全然ほんの一瞬みたいな体験なんですけどね。
海外の方と巡り合う事が多かったんでこんな風になっちゃいました(笑)
各国を回ったのは欲張りというか優柔不断というか…。
エアチケットがその方が安かったっつー(笑)

やみぃさんの話も楽しみにしてます。
ところで洪水はどうなんだろう……。


まかろんさん>

小鹿が雌だったかどうかも謎(笑)
浮いた話は一つもなかったんですよ、マジで。
綺麗な女性はたくさんいたんですが、相手にもされてなかった気がする…。
照明の使い方とかいい感じでしたね。
蝋燭とかの明かりを大切にするなぁと思いました。
冬とかは夏とは逆に陽が早く落ちちゃうんで、光を大事にするんでしょうね。



2007-08-08 Wed 23:59 | URL | ハル # [ 内容変更]
#152
小鹿ちゃん、本当に女性ではなかったんですか?
ってまだ言う(笑)
町で知り合った女性についていくぐらいだから・・( ̄ー ̄)ニヤリッ
まさか、小学校とは(爆笑)
そんな可愛い時のハルさんの写真プリーズe-266
スウェーデンに住んでいた人の話を又聞きしたのですが、
夜をゆっくり大人が過ごせるのがいいとか・・
その方は色々な照明を買って楽しんでいたようです。
税金は高いけど、良い国なんですね~。

2007-08-02 Thu 20:57 | URL | まかろん # [ 内容変更]
#146
うすうす思ってはいましたが、ハルさんすごい体験をされてますねー!
しかもワールドワイドな顔の広さにコレまたびっくり(笑)
私なんかは食わず嫌いなところがあって気に入った国があると
何度もそこにリピーターしてしまうので各国をまわられてる
なんて羨望のまなざし・・・!!
スウェーデンは一度は行ってみたい所なんですよね!
大好きなインテリアの本場然り、なんか町並みとかも綺麗そうで。
しかしさすが福祉大国ですね!
高い税金払っても日本みたいに使途不明金ががっぽがっぽ出るんでなくて
ちゃんと国民に還元されてる辺りがさすがだなあと。
老後の心配がないならお金払いますよねぇ?笑

貴重なお話ありがとうございました!
2007-08-01 Wed 23:29 | URL | やみぃ # [ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 零れゆく砂を掴むように |
2006-2018 template by [ALT-DESIGN@clip].
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。